経営者メッセージ

いつも格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、楽天損害保険会社に社名変更して、ちょうど1年が経過いたしました。その初年度は、風水災として史上最大の保険金支払額となった台風21号が発生するなど、未曽有の自然災害に見舞われた年となりました。この場をお借りし、あらためて被災された方々に心からお見舞い申し上げたいと存じます。

2018年度は、「お客様に迅速かつ適切に保険金をお支払いさせていただく」という点において、損害保険事業の真価が問われる年となりましたが、おかげさまで、保険金のお支払い部門だけでなく、営業部門や管理部門も含め、全社員一丸となって取り組んだ結果、前年比55.0%増の年間事故受付件数134,190件に対し、3月末時点で99.7%以上のお支払いを完了させていただくことができました。

楽天グループの一員として2年目を迎えた当社は、従来の代理店チャネルでの保険販売に加え、楽天グループのお客様に、新しい方法で、新しい価値を本格的に提供するステージに入りました。

楽天グループは、つねに新しい挑戦を続け、店舗網の拡大に加え、携帯電話事業への参入や利便性の高い新たな決済システムの構築など、日々進化発展を遂げ、顧客基盤を拡大しております。

当社も、既成概念に捉われないユニークな発想で、お客様の新たな保険ニーズにお応えし、お客様の利便性を高めながら、より一層の成長を目指してまいります。

今後も変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年7月

楽天損害保険株式会社
代表取締役社長

多田健太郎