ご契約例

補償金額を選べるから、
あなたにピッタリのご契約!

単身の方 ご夫婦の方 ご家族の方
家財の補償 270万円 660万円 1,080万円
借家人賠償
責任補償
500万円 1,000万円 1,500万円
修理費用 100万円 100万円 100万円
個人賠償
責任補償
1,000万円 1,000万円 1,000万円
保険料 1年 6,540円 11,190円 17,540円
2年 12,100円 20,700円 32,460円
単身の方 ご夫婦の方 ご家族の方
家財の補償
270万円 660万円 1,080万円
借家人賠償責任補償
500万円 1,000万円 1,500万円
修理費用
100万円 100万円 100万円
個人賠償責任補償
1,000万円 1,000万円 1,000万円
保険料
1年 6,540円 11,190円 17,540円
2年 12,100円 20,700円 32,460円

上記はご契約例です。
お客さまにピッタリの補償をお選びいただくポイントをご紹介します。

ピッタリの補償を
お選びいただくポイント

その1

家財の目安は?

単身の方 ご夫婦の方 ご家族の方
180万円 460万円 750万円
270万円
(標準)
660万円
(標準)
1,080万円
(標準)
350万円 860万円 1,410万円
  • ※ 上記例のうち、「ご夫婦の方」は世帯主年令が30才前後の方、「ご家族の方」は世帯主年令が35才前後でご夫婦と子供2人の4人家族を前提としたものです。
  • ※ 基本となる家財の金額は、①世帯主の年令と、②家族構成から目安を算出し、その前後30%の範囲内でお選びいただけます。
その2

大家さんへの賠償責任

お住まいになる賃貸物件の建物の金額を目安に以下の範囲からお選びいただけます。

100万円 ~ 5,000万円 (100万円単位)

火災により高額な賠償金をお支払いするケースがあります。

パソコンのモデムとルーターの周辺から出火し、借りていた賃貸用ワンルームマンションの室内を全焼させてしまった。

賠償額   286万円

(東京地裁、2014年(平成26年)6月16日判決)

例えば、東京都内にあるコンクリート造のマンションで・・・

  • 1K
    (25㎡)に
    お住まいの方

    500万円

  • 2LDK
    (60㎡)に
    お住まいの方

    1,000万円

  • 3LDK
    (75㎡)に
    お住まいの方

    1,500万円

  • ※ 上記は弊社で建物の評価を行う際に使用する目安の金額です。
その3

日常生活での賠償責任

個人賠償責任補償の支払限度額を4パターンからお選びいただけます。

1,000万円 ・ 3,000万円 ・ 5,000万円 ・1億円
※補償しないことも可能

高額な賠償金をお支払いするケースが増えています。

マンション室内の洗濯機の排水部分から漏水が発生し、階下の部屋の住人の家財を汚損させてしまった。

賠償額   129万円

(東京地裁、2017年(平成29年)10月6日判決)

マンションやアパートで水漏れにより階下の人の家財を汚してしまった。

お子さまが近所の家の窓ガラスを割ってしまった。

買い物中に陳列してある商品を壊してしまった。

自転車で通行人にケガをさせてしまった。

飼い犬が他人にかみついてケガをさせてしまった。

ゴルフプレー中に打ったボールが他人に当たってケガをさせてしまった。

他にご契約中の自動車保険や傷害保険で、個人賠償責任補償に加入されていませんか?リビングアシストでの加入が不要であれば、加入しないことが可能です。