お知らせ一覧

2020/01/10商品

ハザードマップに基づいて保険料が変わる火災保険を発売
-「(新)ホームアシスト」では、建物の所在地の水災リスクに応じた保険料が設定されます-

 楽天損害保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:多田 健太郎、以下「楽天損保」)は、住宅向け火災保険の主力商品「ホームアシスト」について、2020年4月1日以降に保険開始となるご契約より、商品・料率改定を実施します。本商品の主な特徴は以下の通りです。

1.ご契約建物の所在地における水災リスクを保険料に反映(日本初(*))
 火災保険の補償内容は、火災の他にも、台風や集中豪雨による風災や水災の補償が含まれ、近年の自然災害の多発により、火災保険料に占める風水災補償の割合が高まっています。
 火災保険料のうち、水災リスクの保険料率については、従来、建物の所在地に関わらず全国一律となっており、建物の構造級別が同じであれば、高台の住宅も川沿いの住宅も同一の料率が適用されていました。
 今般改定するホームアシストでは、ご契約建物の所在地と国土交通省ハザードマップの情報をマッチングし、建物の所在地における水災リスクに応じた保険料を設定します。
 具体的には、水災リスクを河川が氾濫するリスク(「外水リスク」)とマンホールからの雨水溢れなど排水処理能力の超過によるリスク(「内水リスク」)に分け、楽天株式会社のデータサイエンティストチームと連携の上、国土交通省ハザードマップ上の浸水深と突合し、建物の所在地ごとに水災料率(4区分)を設定しました。
 なお、住宅向けの火災保険において、建物の所在地の水災リスクに応じた保険料を設定する商品は、ホームアシストが日本初(*)となります。
(*)当社調べ。2019年12月末時点。

2.防災・減災に向けた水災リスク状況のお知らせ
 ホームアシストでは、ご契約建物の所在地における「外水リスク」および「内水リスク」をそれぞれ5段階で表示し、建物の水災リスクの状況をお客さまにお知らせします。日常生活で見る機会の少ないハザードマップにおける浸水予想状況等を分かり易くお客さまにお伝えし、平時における洪水への備えの対応や災害発生時の早期避難等にお役立ていただきます。
 楽天損保では、Fintechへの取組みの一環として、引き続きITテクノロジーを活用した商品・サービスの開発を目指します。そして、さらなるサービスの向上に努め、お客さまが安心して日々の暮らしを送ることができるよう、人々と社会をエンパワーメントしてまいります。

<商品概要>
○ 商品ペットネーム: 「ホームアシスト」(商品名「家庭総合保険」)
○ 商品改定日:2020年4月1日以降に保険開始となるご契約より
○ 販売開始日:2020年1月21日(対面ペーパレス申込みおよびネット申込みが可能)

○ 火災保険が補償するリスクと保険料区分

width=600


○ オールリスク補償の保険料例(全社ベースの参考純率改定対応を含みます。単位:円)

width=600

※カッコ内の数値は、参考純率改定による料率引上げも含めた改定前の保険料との差です。
※試算条件は以下のとおりです。
 保険の対象 建物/保険期間 1年/保険金額 15,000千円/対象所在地 東京都/新築/
 オールリスク補償/風・雹等免責金額0円/破汚損免責金額10千円
※水災リスクの保険料については、保険料増加額を一定程度抑制する対応を実施しています。



以 上