お知らせ一覧

2020/07/31その他

自動車保険および火災保険における保険料誤りに関するお詫びについて

楽天損害保険株式会社(社長:多田健太郎、以下「当社」)は、自動車保険および火災保険の一部契約において、保険料に誤りがあることが判明いたしましたので、お知らせ申し上げます。

本件に該当される保険料返金が必要なお客様につきましては、当社から個別にご連絡を差し上げ、正しい保険料と過去にお支払いいただいた保険料の差額等を速やかにご返金させていただきます。

お客様ならびに関係者の皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

  • 1 経緯
  • 当社で実施した保険料算出方法に関する点検において、2015年10月の火災保険および2019年4月の自動車保険の商品改定時における保険料の算出過程に不備があり、以下の対象契約について、お客様から頂戴した保険料に誤りがあることが判明いたしました。
  • 2 対象契約
  • 【保険料返金が必要なご契約】
    ◆自動車保険(ASAP、PAP) 4,284件
    〈保険始期2019年4月1日~2019年9月25日〉
    ◆火災保険(ホームアシスト) 161,784件
    〈保険始期2015年10月1日~2019年12月5日〉
  • 【保険料が不足となっているご契約】
    ◆自動車保険(ASAP、PAP) 21,727件
    〈保険始期2019年4月1日~2019年9月25日〉
  • 3 概要
  • ご契約いただいたお客様から頂戴する保険料は、保険商品の設計段階において、様々な数値および算式を適用して算出しております。
  • このたびの保険料誤りは、その算出過程の一部において、適用すべき数値を誤ったことが原因です。誤りが判明したのは、自動車保険については「対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害保険、車両保険、その他各種特約」に対する各保険料、火災保険については「建物の地震火災費用保険金、家財の災害時諸費用保険金」に対する各保険料です。
  • 4 今後の対応
  • 本件に該当する保険料返金が必要なお客様(現在、当社でのご契約が終了されているお客様も含みます。)には、正しい保険料と過去にお支払いいただいた保険料の差額に、遅延損害金等を加算した金額を速やかにご返金させていただきます。また、保険料が不足となっているお客様に対する差額保険料の請求は行わないことといたします。
  • ご返金方法については順次、郵送はがきにてご案内させていただきます。ご案内はがきがお手元に届きましたお客様は、ご契約とご返金の内容をご確認のうえ、記載されているQRコードから専用ウェブサイトにアクセスいただき、ご返金お受取り方法のご指定等についてお手続き願います。
  • なお、ご心配やご不明な点などがございましたら、お手数ですが以下のお問い合わせ窓口にご照会願います。
  • 当社は、本件の発生を重く受け止め、社内の管理体制の見直しを行うとともに担当部署の社員の指導・教育を徹底し、今後同様の事態が発生することがないよう再発防止に努めてまいります。
〈本件に関するお問い合わせ窓口〉
保険料是正返金ご相談センター
【電話番号】 0120-010-231(専用フリーダイヤル)
※携帯電話からもご利用いただけます。
【受付時間】 9:00~17:00(土日祝日を除きます。)
以 上