経営効率

保険会社の効率をみるには「正味損害率」「正味事業費率」「運用資産利回り」「ソルベンシー・マージン比率」が参考になります。各指標は次のとおりです。

指標 2016年度
(2017年3月期)
2017年度
(2018年3月期)
2018年度
(2019年3月期)
正味損害率 53.9% 60.7% 94.5%
正味事業費率 48.4% 49.2% 51.9%
運用資産利回り(インカム利回り) 1.76% 1.99% 2.29%
ソルベンシー・マージン比率(※) 731.6% 694.5% 636.6%
  • ソルベンシー・マージン比率とは、大災害や資産の大幅な価格下落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応するための「支払余力」を意味しており、その比率が通常200%以上であれば「保険金等の支払能力の充実の状況が適当である」とされています。